ninoの気持ち

「永遠に女の子」に向けて・・・

女の子みんなが持っている優しさや温かさ・・・そんな感覚を大切に、絵本をテーマにストーリー性のある服を作っています。

子供の頃の絵本を読んでもらった記憶・・・ 絵本ってお母さんの愛情を伝える1つの手作りであり、楽しみややすらぎだなぁって。

ninoの服も、プリントの柄だったり色だったりと、ストーリー性のある服を心掛けています。少し大げさかもしれませんが、子供服ひとつでも、子供の幼い感受性にとって意味が持てれば・・・と思ってます。

ふと子供だったことを思い出します。

笑ってる、遊んでる、歌ってる、楽しんでる・・・

思い出の中の私は、お気に入りの服を着ている・・・

「1枚の服が、かけがえのない1枚になれたのなら」と思います。